他人に合わせて不自由に生きるのはやめましょう

人が生きていく中であることが、「何かをしようとするときには、絶対に批判があることが当たり前」ということを知る必要があります。

あなたが伝えるときや行動するときには「結果はまだわからない」ありませんので、どんな事も「発言してみないと」「行動してみないと」わからないという事を心に留めておく事が非常に大事です。もしも批判を受けてしまっても、有意義な情報は自分自身に取り入れ、迷惑を受けてしまうような「無責任な意見」はどんどん受け流せるようにしていく事が大事です。

 

ならば、「自分は自分なのだから他の人は気にしない」「自分の気持ちは素直に伝えて、批判されたら受け流す」というようにできますか?

 

といわれたならそれは残念ながら、答えはNoになります。

 

日本は「恥の文化」といわれていて、若くは小学生のときから「授業中は静かに着に座り、意見がある人はまっすぐに手を挙げ、先生にさされて初めて話す事が可能」といった規律を重んじる義務教育の中で徹底的に成長していきます。

もちろん、こういったおもむきを尊重した考え方と秩序のある行動をする文化としては、海外に見られないとても日本らしい良い文化ではあります。

しかしそれは程度の問題で、過敏になりすぎてしまうと、その人の自由な意見を素直に表現できなくなってしまったり、他人からの批判をどうしても考えてしまって、自分の発言そのものができなくなってしまうことも少なくありません。

 

こういった貴重な成長の段階に反応してしまう性格になってしまっている根底があるので、少し意識を変えただけではすべて変わるという事は難しいです。

 

それがたとえ強い意志で変えようとしてみたところで、幼い頃からしっかりと刻み込まれて出来上がった心にけんかを挑むようなものです。最終的には必ず、心の意志の力の方がどうしても負けてしまいます。

 

こういう問題を少しでも解決するためには、自分が成長していく過程の状況まで修正していくという必要があります。

 

他人の目をどうしても気にする人や、他人の意見を優先してしまう人はそういう性格になる要素が幼少期から独り立ちするまで残っていることが原因としてあるようです。

 

自分らしく穏やかに>>>

人それぞれでニキビの元になる食べ物は違う

ニキビケアは「食生活が基本」という言葉には大いに納得できます。
だって私は食べたものによってはすぐにニキビができてしまいますからね。

とは言いましても、若いときほどではないのですが、とくにチョコレートは危険です。
たとえば、生理前にチョコレートケーキを食べただけで、次の日にはニキビができていましたからね。
お肌を清潔にしているのにも関わらず、「どこでどのタイミングでニキビができてしまったんだ?」と思わざるを得ないですよ。

そのぐらいにニキビというものは、驚異ですよね。しかもニキビって目立つので嫌なんです。
さらには10代の頃とは違って、20代に入ってからのニキビは痛みを伴うようにもなってしまいましたし。

かといって、私だってニキビに生活を支配されたくはないわけです。
ニキビのことを考えて、チョコレートを思いっきり食べられないのは非常に辛いというものですよ。

とはいえ、会社に行かなくてはなりませんし、ニキビがあるお肌はメイクの時も気になってしまいますので、ニキビができないように努めているわけです。

そしてやっぱりこれまでの経験から「チョコレート」は最もニキビを作る食材だと私は感じているわけです。
次に、揚げ物もなかなかの高確率でニキビの出現を助けますね。おそらく脂分が多い食べ物はニキビのもとになるのでしょう。

アーモンドなどもニキビをつくるとか聞きますけれど、ナッツ類は私はとくに影響ないですね。
ニキビをつくる食べ物も個人差があると感じています。
これまでの付き合いで私にはどのような食べ物がニキビのもとになるのかがわかってきただけでも恩の字でしょうか。
いや、違うかも。

凸凹クレーター肌!改善するには化粧品を変えよう!

ストレスなく妊活をするのが一番

私は結婚してからすぐに妊活を始めたのですが、一年経ってもなかなか妊娠できませんでした。生理は来ているのですが、痛みがなくすぐに出血が終わったりしていたので婦人科に行くと無排卵になっていました。

すぐにピルを内服しリセットして排卵誘発剤を内服してタイミングを取りましたがその月も妊娠は成功しておらず、ホルモン剤も内服しましたが、ホルモンの影響でイライラしてしまい最悪でした。

生理は落ち着いてきたので、産婦人科に通うことも薬を内服することもやめて、ゆっくり過ごすことに決めました。

仕事もデスクワークだったので、体を酷使することもなく、できるだけ歩くようにして適度な運動、あったかい飲み物を飲んでリラックスする、私は比較的ストレスを感じやすい体質だったので、休みの日はゆっくりと趣味の時間を作り、生活習慣を整え自律神経を乱さないようにしていきました。

一番良かったのはヨガです。呼吸を整えたり、普段使っていない筋肉をほぐしたりしてスッキリしますし、心が落ち着きます。

すると産婦人科の通院を辞めてから2ヶ月、自分なりの方法で心や体を整えることに決めてから妊娠に成功することができたのです。

産婦人科に通うことがすでにストレスだった私にとっては、普段の生活をゆっくり過ごすことでホルモンも落ち着き、妊娠につながることができたのではないかと今では感じています。年齢的にも焦る年代ではなければ、産婦人科に頼るだけではなく、自分の生活を振り返るのもいいかもしれません。

妊娠中におすすめの葉酸サプリの口コミ紹介

私がやってるニキビ改善のあらゆる方法

ニキビに関して言えることはきっと体質とか年齢とかお肌の状態とか睡眠や免疫、油っぽい食事とかストレスとか本当に色んなことから考えられると思うんです。
私は十代を境目にしてニキビに悩まされることになりましたけれど、実際そうなる前までは自分の顔を良く見るナルシストなところがありました。

今では自分の顔を見るのもイヤなくらいにニキビ跡がたくさんあります。
でも跡は治すことができなくてもニキビができないお肌にするだけでかなり見た目も改善されると知ってからは本当にニキビとの戦いでもありました。
これまで原因とされるような例を先に述べましたけれど、それらをほとんどやってきたんです。
ニキビ薬はもちろんのこと、それをベースにして食事の改善からまずは取り組むことになりました。

油は避ける、ただし食べなさ過ぎるのは身体にとっていけないことですからオリーブオイルなどに切り替えました。
野菜はブロッコリーとかタマネギの生を水に付けた物とか、とにかく野菜は豊富に摂取すべき栄養源だと知りました。
お肉も脂身の少ないササミなどに切り替えつつ代謝を促す腹筋やスクワット、腕立て伏せやジョギングなどを毎日なるべく行うことにしました。

睡眠時間も10時には就寝するようにしてホルモンバランスを整えつつストレス解消にも励みました。
そして結果的にニキビが改善されて気になるニキビ跡もかなり見た目もマシにはなってるようなので今後ともこれらのことを続けていこうと思いました。

ニキビ跡 化粧水 敏感肌