人それぞれでニキビの元になる食べ物は違う

ニキビケアは「食生活が基本」という言葉には大いに納得できます。
だって私は食べたものによってはすぐにニキビができてしまいますからね。

とは言いましても、若いときほどではないのですが、とくにチョコレートは危険です。
たとえば、生理前にチョコレートケーキを食べただけで、次の日にはニキビができていましたからね。
お肌を清潔にしているのにも関わらず、「どこでどのタイミングでニキビができてしまったんだ?」と思わざるを得ないですよ。

そのぐらいにニキビというものは、驚異ですよね。しかもニキビって目立つので嫌なんです。
さらには10代の頃とは違って、20代に入ってからのニキビは痛みを伴うようにもなってしまいましたし。

かといって、私だってニキビに生活を支配されたくはないわけです。
ニキビのことを考えて、チョコレートを思いっきり食べられないのは非常に辛いというものですよ。

とはいえ、会社に行かなくてはなりませんし、ニキビがあるお肌はメイクの時も気になってしまいますので、ニキビができないように努めているわけです。

そしてやっぱりこれまでの経験から「チョコレート」は最もニキビを作る食材だと私は感じているわけです。
次に、揚げ物もなかなかの高確率でニキビの出現を助けますね。おそらく脂分が多い食べ物はニキビのもとになるのでしょう。

アーモンドなどもニキビをつくるとか聞きますけれど、ナッツ類は私はとくに影響ないですね。
ニキビをつくる食べ物も個人差があると感じています。
これまでの付き合いで私にはどのような食べ物がニキビのもとになるのかがわかってきただけでも恩の字でしょうか。
いや、違うかも。

凸凹クレーター肌!改善するには化粧品を変えよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です